家事の宅配 カジタク お問い合わせ・FAQ(よくあるご質問)  -安心のイオングループ-


     <カジタクHPへ>

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 2639
  • 公開日時 : 2018/09/14 18:34
  • 更新日時 : 2018/10/08 11:33
  • 印刷

生地表面に水ぶくれのようにぶくつきが生じた

「バブリング現象」ボンディング加工の剥がれが発生した
カテゴリー : 

回答

申し訳ございません、ボンディング加工などの経時劣化による事象については補償対象外となります。
 
ボンディング加工は、接着剤のボンドを語源とした加工となり生地と生地を接着剤で貼りあわせてある加工になります。
これらは、生地の製造から2年から3年程度で劣化する性質があります。
 
ボンディング加工は劣化すると、次のような症状が見られます。
 
  • 生地表面に接着剤が染み出て、生地表面にシミが生じることがあります。
  • 生地の所々のボンドが剥がれ、剥がれた箇所に気泡が出きて水ぶくれのようになることがあります。
 
※カジタクでは、ボンディング加工などの経時劣化による事象について補償対応はいたしません。
 
 
 

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます