家事の宅配 カジタク お問い合わせ・FAQ(よくあるご質問)  -安心のイオングループ-


     <カジタクHPへ>

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 衣類、布団クリーニング 』 内のFAQ

10件中 1 - 10 件を表示

1 / 1ページ
  • 付属品が足りない

    ご迷惑お掛けしており申し訳ございません。 クリーニングにお出しせずにご自宅で保管されていたという方が多くいらっしゃいます。念のため、今一度ご自宅をご確認頂ければ幸いです。 ご自宅にて確認出来ない場合は、下記よりお進みください。 アフターサポート窓口(受付フォーム)↓ https://secure.okbiz.okwave.jp/kajitaku/faq/sho...

    • No:2689
    • 公開日時:2018/10/08 11:45
    • 更新日時:2018/10/30 18:23
  • シミが付いてきた

    申し訳ございません、ドライクリーニングは油性汚れの除去には優れた特性がありますが、水溶性汚れの除去には不得手となってしまいます。 スポット的なシミの特徴として、食べこぼし、飲みこぼし、汁はねなどによる酸化があります。 水溶性汚れがドライクリーニングで除去されずクリーニング後に黄変してスポット的にシミが浮き出ることがあります。特にレモンを絞った時に跳ねてしまったレモン汁やガムシ...

    • No:2642
    • 公開日時:2018/09/14 19:14
    • 更新日時:2018/10/08 10:52
  • 衣類に破れがあります

    ご迷惑お掛けしております事、心よりお詫び申し上げます。 一度お預かりの上、対応についてご相談させて頂ければ幸いです。 受付へお進みください。 アフターサポート窓口(受付フォーム)↓ https://secure.okbiz.okwave.jp/kajitaku/faq/show/2661

    • No:2708
    • 公開日時:2018/10/30 18:31
  • シワが付いてきた

    ご迷惑お掛けしており申し訳ございません。 再処理のご用命は下記よりお願いします アフターサポート窓口(受付フォーム)↓ https://secure.okbiz.okwave.jp/kajitaku/faq/show/2661

    • No:2683
    • 公開日時:2018/10/08 11:16
  • 革、表面がボロボロになった

    大変申し訳ございませんが、ポリウレタン(合成皮革/表面のコーティング/接着)の劣化は補償の対象外となります。 合成皮革やコーティング加工は、時間の経過により劣化する性質があり、この性質は素材が製造されてから3年程度が限界とされており、短いものでは2年程度です。この症状は空気中の水分でも分解してしまい使用方法や保管方法を工夫しても避けられない特性を持っています。 ※カジタク...

    • No:2638
    • 公開日時:2018/09/14 16:49
    • 更新日時:2018/10/08 11:43
  • ボタンが割れた(取れた)

    カジタクではボタンが付いた衣類はできる限り破損しないように保護をしてクリーニングをします。 しかし、それでもクリーニングの工程での破損を完全に防ぐことができません。 万が一ボタンが破損してしまった場合でもそのままご返却させていただくことがございます。 ※カジタクでは、ボタンの破損や紛失による事象について補償対応はいたしません。

    • No:2652
    • 公開日時:2018/09/19 17:45
  • 生地表面に水ぶくれのようにぶくつきが生じた ケース2

    接着芯地とは生地のハリを持たせたり、型崩れを防いだり、補強したりするために使用する接着剤がついた芯地のことです。 高価な生地が使用されているスーツでも、縫製の段階で安価な接着芯地と呼ばれる芯地を使用されていると、徐々に水ぶくれのような症状が見受けられることがあります。 これらが生じたものはアイロンにより一時的に修正することができますが、恒久的には生地内部の芯地を交換する必要があります...

    • No:2640
    • 公開日時:2018/09/14 18:34
    • 更新日時:2018/10/08 11:48
  • ポリウレタン素材の特性とは

    ポリウレタン素材には以下の特徴があります。 着用してもしなくても劣化は進みます。 劣化の始まりは、製品購入時からではなく、生地の製造時からとなります。 クリーニング処理により元々内部で劣化が進んでいた状態が一度に表面化することがあります。 洗濯や着用の繰り返しによる作用、空気中の水分、皮脂の付着、日光や紫外線といった様々な環境条件で劣化の速度が変わり、短いもので2年程度でも著...

    • No:2636
    • 公開日時:2018/09/14 18:34
  • 生地表面に水ぶくれのようにぶくつきが生じた

    申し訳ございません、ボンディング加工などの経時劣化による事象については補償対象外となります。 ボンディング加工は、接着剤のボンドを語源とした加工となり生地と生地を接着剤で貼りあわせてある加工になります。 これらは、生地の製造から2年から3年程度で劣化する性質があります。 ボンディング加工は劣化すると、次のような症状が見られます。 生地表面に接着剤が染み出て、生地表...

    • No:2639
    • 公開日時:2018/09/14 18:34
    • 更新日時:2018/10/08 11:33
  • プリントが剥がれた

    プリント加工のプリントは製造から2年~3年程度で剥がれ永久的なものではありません。 劣化の進行度は経験豊富な職人の見た目や感覚でも必ずしも判断することはできません。 また、衣類のデザイン上あえて、かすれた状態のプリントを使用して衣類のメーカーが製造企画されることもあり、取り扱い上の判断が極めて難しいものもあります。 この加工はTシャツやジャンパーなど様々な衣類に使用されています。 ...

    • No:2645
    • 公開日時:2018/09/16 19:18

10件中 1 - 10 件を表示