生地表面に水ぶくれのようにぶくつき、筋状の剥がれが生じた①

ボンディング加工は、ポリウレタン素材を使用し生地と生地を接着剤で貼りあわせてある加工になります。
ポリウレタン素材(合成ポリウレタンを含む)が使用されているものは基本、取扱除外品とさせていただいております。
ポリウレタン素材によるボンディング加工は、時間の経過により劣化する性質があり、この性質は素材が製造されてから3年程度が限界とされており、短いものでは2年程度です。この症状は空気中の水分でも分解してしまい使用方法や保管方法を工夫しても避けられない特性を持っています。
ボンディング加工は劣化すると、次のような症状が見られます。
・生地表面に接着剤が染み出て、生地表面にシミが生じることがあります。
・生地の所々のボンドが剥がれ、剥がれた箇所に気泡が出きて水ぶくれのようになることがあります。
・劣化して剥がれた接着剤が粉状になり衣類の間からボロボロと出てきます。
大変申し訳ございませんが、ポリウレタン素材(合成皮革/表面のコーティング/接着)の劣化による事象については修理、補償の対象外となります。

 

 

*ポリウレタン素材の特性とは

 

*ポリウレタン素材の衣料品の表示(消費科学研究所より)